THE THOR(ザ・トール)のメニューパネルを設置方法

WordPressのテーマ:THE THOR(ザ・トール)のメニュー設定で

デフォルトでメニューパネルが標準で付いています。

メニューパネルとは画面の右上に任意でカスタマイズしたショートカットを設置できる機能です。

メニューパネルの設置方法

【外観】→【ウィジェット】→【メニューパネル】

ウィジェットの中にメニューパネルがあります。

ウィジェットの左の【利用できるウィジェット】を選びメニューパネルに追加していきましょう。

 
 
たくわん

由にカスタマイズできるので好みに合わせて試しに設置してみながら

実際の画面と見比べながら選んでいくことをおすすめします!

合計27種類の利用できるウィジェット
 
  • RSS
  • [THE]QRコード
  • [THE]カテゴリ人気記事
  • [THE]スタイルテキスト
  • [THE]タグランキング
  • [THE]タブコンテンツ
  • [THE]人気記事
  • [THE]広告
  • [THE]画像付き新着記事
  • [THE]絞込検索
  • [THE]著作者情報
  • アーカイブ
  • カスタムHTML
  • カテゴリー
  • カレンダー
  • ギャラリー
  • タグクラウド
  • テキスト
  • メタ情報
  • 動画
  • 固定ページ
  • 最近のコメント
  • 最近の投稿
  • 検索
  • 画像
  • 表示数
  • 音声

メニューパネルの設置手順

メニューパネルを実際に設置してみましょう。

設置したい項目を選択しましょう。

【メニューパネル】→【ウィジェットを追加】

例として【プロフィール】(著作者情報)を設置します。

それぞれの項目を選択して【保存】を選択しましょう。

設置後の画面

プロフィールがメニューパネルに追加されています。

【実例】カスタマイズしたメニューパネルの完成イメージ

【THE】人気記事

人気記事はユーザーのサイトアクセスが高い記事はよく見られる傾向があるので

設置しておくのがおすすめです。

好みの問題ですが、【ノーマルレイアウト(左画像)に変更しますか?】はチェックを入れています。

理由は画像も合わせて表示すると視覚的に見やすくなりPVの増加が見込めやすくなるからです。

カスタムHTMLで自由にカスタマイズ

【カスタムHTML】では自由にコードを入力すればカスタマイズができます。

極端に言えば、ほぼ全てのことカスタマイズが【カスタムHTML】で入力することにより完結させることができます。

例えば、こんなことができます。

  • 広告を設置
  • バナーの設置
  • プロフィールを充実させたい

【例】カスタムHTMLを活用して広告を設置してみます
 
カスタムHTMLをウィジェットから選びメニューパネルに追加します。
広告用のHTMLコードを貼り付ければ作業は完了です。

さいごに

メニューパネルはサイトマップ変わりに利用するユーザー多く

モバイルユーザーは特にメニューパネルを見られる傾向が高いです。

また、カスタムHTMLでは見やすくおしゃれな項目が簡単に設定することができます。

ご自分の好みにカスタマイズしてお気に入りのメニューパネルを設置しましょう!